MacBook Pro13インチの2020年モデルを購入する理由と考察

macbookpro13-2020

MacBook Pro13インチの2020年モデルはぜひともほしい!

発売される前から購入予定でいて今現在も購入しようと思っています。

現在は2019年末に発売されたMacBook Pro16インチを使っていることもあり、急いで必要という状況ではありません。

でもそろそろ購入を考えているのでMacBook Pro13インチをどうして購入するか、魅力と感じている点を整理してみたいと思います。

MacBook Pro13インチの2020年モデルを購入する理由

先にも書いたように現在MacBook Pro16インチを持っているのに尚13インチを購入する理由は「持ち運びするのに13インチが最適」と思っているからです。

当たり前ですが13インチは16インチに比べるとコンパクトで重量も軽いため、持ち運ぶことが想定されるのであれば13インチを選ぶことになります。

もともと16インチを購入する段階で13インチが発売されたら購入する前提で16インチを買いました。

重量と大きさ

16インチの重量は2kgあるのに対して、13インチは1.4kg。

持ち運びを考慮したときに600gの重さの違いはとても大きな違いです。

実際に16インチを持ち歩いたこともありますが、13インチに比べてズシッとした重さを感じます。

また重量だけでなく大きさも16インチは持ち運んだり、外で使うことを想定するとデカイ・・って感想を今でも持っています。

MacBook Proを持ち運ぶときはバックパックに入れているのですが、よく使う大きさのカバンのサイズだと16インチだとカバンに入るギリギリのサイズです。

バタフライキーボードの廃止

Macは毎年発売されています。
16インチに続いて13インチもこのタイミングで購入するかというとバタフライキーボードの廃止が理由です。

バタフライキーボードのMacBook Proは1台だけ使っています。 ですが初めて触ったときからちょっと違和感があったり、何より動作不良が相次いだキーボードという印象でMacBook Proを新調するならバタフライキーボードが廃止されてからにしようと決めていました。

色んなタイプのMacが発売されてもキーボードだけで購入を控えて我慢していたので、今回キーボードが変わったタイミングでようやく購入したいタイミングになりました。

13インチ購入のプラス材料

もともと買う予定であった13インチが発売されて最高じゃないか!というプラス材料もあります。

それはスペックアップの選択肢でメモリを32GBにすることができる点です。

これまで発売されてきた13インチは16GBが上限で、32GBを積むためには15インチを購入するしかありませんでした。 それが今回2020年モデルの13インチでは32GBの選択肢が追加されました。

そんなにスペックいらないよ、という人にはあまりプラス材料ではないですがこれまで16GBじゃ物足りない人にとってはやっと!という思いです。

使用用途

僕の場合MacBook Proの想定している主な使用用途は下記です。

  • Web開発
  • ネットサーフィン

用途だけみれば多く人と違うのはWeb開発があるかないかだけだと思います。
ですがWeb開発するためにハイスペックなPCが必要なので、ストレージ以外はアップグレードするつもりでいます。

Web開発をするためのたエディタやターミナルを使って、画像編集ソフトも立ち上げ、Slackも立ち上げ、と同時に起動しているアプリケーションが多くあります。 またネットサーフィンもブラウザを複数立ち上げて大量のタブを開いたりしているのですが、大量のメモリを消費する原因にもなってしまっているので、32GBの13インチは待ち望んでいました。

13インチと16インチの使い分け

すでに持っている16インチ 13インチ16インチの2台の使い分けはこんな感じ。

  • 13インチ:持ち運びを前提とした外出用途、自宅内での簡易な作業
  • 16インチ:自宅でしっかりと作業

持ち運ぶことに適していない16インチはノートPCでありながら、iMac的な立ち位置で使おうと思っています。

まとめ

MacBook Pro13インチ2020年モデルを購入するために考えていることをまとめてみました。

スペックと利便性の両方を考慮したときに個人的にはずっと13インチが最強だと思っています。
そんな13インチでようやく買いたいモデルになった2020年モデル。

1つ懸念材料としてこの記事公開時点(2020年6月4日)でFinal Cut Proの使用中にフリーズする、という現象を抱えている人がちらほらといるみたいです。  
僕の場合は13インチでFinal Cut Proの使用を考えてはいないので特に困ることはなく、サポートでいずれ解消するとは思っています。  
ですが購入する身としては1つの不安ですね。

まだ発売して間が経っていないの購入するタイミングを図っていますが、良きタイミングでカスタマイズしてMacBook Pro13インチを手に入れたいと思います。